FC2ブログ

生きている喜び


姉は知的障がい者の施設で暮らしている。
姉の成年後見人や保護者になっているので、その用事も多い。
仕事の合間を縫って、姉を訪ねる日、疲れたな、休んでいたいなと思う事がある。
それでも、姉に会いたくて出かける。

姉は今、車椅子を使い、酸素吸入の管をつけて暮らしている。

姉に会うと、心からほっとする。
ふんわりした私になれる。
あぁ、来て良かった、会えて嬉しいと、いつも思う。


DSC02190a.jpg 

施設に暮らす人達には、
生きている喜びだけがある。

生きている喜び
ただ、生きているだけの喜び

私は、そうして過ごしているだろうか。
いやいや、とんでもなく未熟な私なのだ。

DSC02189a.jpg 




スポンサーサイト



ベコニアさんの面白い写真


日当たりの良くない場所なのに、葉っぱがたくさん出てきた。
雨に濡れて、葉っぱの模様が綺麗ねと、ベコニアさんに話しながら撮った写真。
中央上、葉っぱの上に現れた金色の蕾のようなもの。
続けて撮った写真を見てみたら、こうして出来たん? 面白かった。
夜なので、写りが暗いのだけれど。

DSC02161b.jpg 

DSC02162.jpg

DSC02163a.jpg


ここにも見つけたよ。
DSC02170.jpg 



目覚めた時、暖かくてうっとりするような雨が降っていた。
なんて素敵な雨だろうと思った。
一時止み、夜からまた降り出した。
合羽を着て、自転車こぎながら、祓え給え~清め給え~守り給え~幸え給え~
と言いながら、家に戻って来た。
暖かな一日をありがとうございました。


DSC02183.jpg 


緩やかでいよう

IMG_2353.jpg 


お店の近くの神社へ参拝に行った。
神様のエネルギーを頂けたかな。そのまま、お店に行った。
神社へ参拝したら、寄り道しないで、エネルギーを家に持ち帰るとか、
エネルギーを入れたい場所へ移るのがいいね。


IMG_2338.jpg 

この時期は、身体もメンタル面も、辛い、苦しい人が多い。
そこから抜け出すには、あれやこれやと考えないで、辛いを味わうしかない。

思考の坩堝に嵌ると、益々辛くなって、抜け出せなくなる。
更に不安や恐怖の種を蒔き続けることになる。
あぁ、嫌なものが出て行ってくれてるんだと思おうね。

力を抜いて、緩やかになっていようね。
身体も心もリラックスして、この大きな変化のエネルギーに乗っていけたらいいね。
考えないことだね。


IMG_2339.jpg 

茶色くなった葉っぱが自ら枝を離れ散っていく。
とても静かに軽やかに。

暖かい思いに包まれているようだった。


思いを馳せて



自然界に於いても、人間の暮らしに於いても、
様々な事が起こりながら、地球は次元上昇していく。



全てのいのちが安らかでありますように。
地球さんも、あなたも私も、ここにある全てが。


DSC02008.jpg 



一昨日も昨日も、空はダイナミックで、
紫色をおびた青い空に、たくさんの雲があった。
一体どこから挙っていらしたの?と声をかけたくなるほどに。
太陽の輝く空を何度見上げたことだろう。



DSC02015.jpg 


そして、陽が落ちると、どこからか虫の音が聞こえる。
小さな薄い羽を震わせて奏でる音は、美しく力強い。

今夜も涼しい風が吹く。
少しづつ秋。


読んでくださってありがとうございます。






雲のお話



日曜日前後でしょうか。飛行機雲ばかり見ていた。
空を見上げる度に飛行機雲。
面白いから、何度も見上げる。すると、飛行機雲。
一度に、三つも。なんてこともあった。

昨夜、雲の夢を見た。
見上げた空に、雲で細かい文字のようなものがいっぱい並んでいる。
なんと書いてあるのか分からない。読みたいよと思った。
調べようと思って下を向いて、パソコンがちらつくも、
消えないでねとすぐに見上げたのだけれど、全て消えてしまっていた。
私はがっかりしたのだけれど、雲の方がもっとがっかりしたようだった。

面白い!綺麗!もっと見せて!
ずっと見上げていれば良かった。
そうしていたら、夢が続いていたかもね。



とても親切なプレゼント



自営しているお店で使うために、ベンチクッションをずっと探していた。

今置いてあるふわふわだったシートがかなりヘタってきたので、
お客様はお尻が痛いだろうなぁと思い、クッションを探していた。
でも、ベンチの幅に合うものが無い。
大きすぎるものばかり。小さければまだいいのだけれど、大きすぎると使えない。
ベンチは長いので、オーダーするほどの余裕など無いし。。。
検索していくら探しても無いので、一旦探すのは止めて、また考えようと思った。


その次の日、スーパーに買い物に行き、そうだ、地下へも行ってみようと思い、
降りていくと、降りた目の前にクッションが山積みになっていた。
低反発クッションとある。
購入したいと思っていたものだ。
サイズを見ると、なんと、ベンチの幅そのもののサイズではないか。
びっくり! オーダーじゃないの。

この売り場は日用品を置いてあるのだけれど、今までクッションを置いてあることは無かった。

サイズがぴったりなのに加えて、裏が滑り止め加工されている。
今置いてあるものは、お客様が立ったり座ったりして下へ落とし、
靴で踏んでいることも度々あったので、こんないいものがあるのねと嬉しくなった。

なにもかも知っていて、こんなに親切に、私の目の前に差し出してくれるなんて!
あぁ~嬉しい!

一度に持てないので、とりあえず持てるだけ購入してきた。

ベンチに並べてから、メーカーを検索して商品を調べてみたら、この商品はもう作られていなかった。
在庫処分品だったのね。
なんとも、ありがたいこと。大切に使わせて頂きますね。

お尻が気持ち良く座れるから、お客様喜ぶだろうなぁ。ほっとした。
今日、また頂きに行くつもり。


おまけ
そうしてね、クッションを購入した日、全部のクッションを買えるだけのお金が、
面白い方法でプレゼントされた。きゃっ!頂いておいたよ。