FC2ブログ

樹木のいのち

DSC01588.jpg 

桜が散り始めたけれど、この季節は多くの人が木を意識し、
美しい桜に癒されただろうね。

樹木は全部の樹木で、ひとつのいのちだそうだ。
そういえば、思い出したことがある。

もう、随分前のこと、20年くらい前、
仕事をしながら、窓から見ていた木たちのお話。

窓の外は、ちょっとした広い土地で、大きなケヤキの木がたくさん植えてあった。
春にはつやつやした緑の大きな葉っぱが美しく輝き、
秋になると大きな葉は紅葉し、落ち葉が広場を埋め尽くした。

私はケヤキたちに言葉をかけながら仕事をし、
木肌を触りながら歩くことも度々あった。
それは毎日の楽しみだった。

ある日の朝、金色のリボンが、木から木へとぐるっと、かけられているのを見た。
手を繋いた木々たちが、笑いながら、輝いていた。
わぁ!綺麗!と、私ははしゃいだ。

ところがその数日後、大きな音と共に、木たちの枝が一斉に切り落とされ、
幹を切られ、根っこを掘り起こされ、トラックに積まれて運ばれていってしまった。
その場所は駐車場になってしまったのだ。

すごく悲しかった。とても寂しかった。
最後に綺麗なものを見せてくれたのね。
ありがとうございますと、ケヤキたちにお礼を言った。

で、最近、あぁ、そういうことだったのだと気づいたのだ。
樹木は全部で、ひとつのいのちなのだよと、見せてくれたのだなと。

そして、樹木は目的を持っていないことも教えてくれたのだね。
私たち人間のように、ここにいる目的を持っていない。
お花や草の植物も、鉱物もそうだ。
安心と喜びをだけを生き続けている。

金色のリボン 笑声
今でも、思い出すと、心は別世界に入ってキラキラしてくる。

DSC01584.jpg 

久しぶりに大船観音に参拝に行った。
風が強く、花吹雪の中で参拝した。
責任を取るという言葉が入ってきた。

 それぞれが、それぞれの心に責任を取ることになると。

心の中が現実となるから、自分に責任がある。
外のせいには出来ないね。








スポンサーサイト





真っ青な空と満開の桜。

びっしりとお花が咲いて、ふわふわ風に揺れて。
綺麗ねぇと言いながら、川沿いを歩いた。


DSC01566.jpg 

春分の日には雪が降ったのに、一週間後は半袖でもいいくらいの陽気。
桜さんは、大変だったのかな?

お花見で賑わう道から、ちょっと入った静かな場所で、
ゆっくり桜を見上げて、木の幹を触って、深呼吸。

DSC01563a.jpg 

樹木のそばにいると、ほっとするね。
樹木は思いの世界だからね。
もっと親しくなれたらいいなと思う。


樹木・いのちのネットワーク



綺麗な緑の栗の実。
柿も大きくなってる。

樹木は安心と喜びだけで生きている。
人はこの地上に、何をしたいか目標を持って来ているけど、
樹木にはその目標が無い。

そう、私達は心の中心に目標があるのだが、それが何なのか、分からないものだ。
だから、私達は神仏に意識を合わせて生きようとする。
そうすることで、それぞれの個性ある目標を思い出していくのだろう。


樹木のいのちのネットワークに繋がると、私達のそれぞれの思いのために
働いてくれるのだそうだ。
私の目標と共鳴し、そのように動いてくれるという。
そして、このネットワークはどんどん拡大していくのだという。



随分前になるが、心と身体の浄化に励んでいる時、
いつも参拝している神社の大木たちが、私の闇を振り落としてくれたことがある。
バラバラと、雪が降るように、黒い小さな粒がたくさん降ってくるのが見えた。
こんなに、こんなにあるのかい!と、見ていると降っては落ちて、消えていった。

また、幼い頃、地獄のような家に帰りたくなくて、
みんなが帰った後も、畑や田んぼが広がる空き地にいたことがある。
薄暗くなっていく後ろの山々から、厳しい意識を感じたのを今でも思い出す。
「帰りなさい。こっちへ来てはいけない」と、それは厳しいものだった。
それで、幼い私は家に戻ったのだった。

一本の桜の木に助けられて、生き抜いたこともある。

樹木のいのちのネットワークに助けられ、力をいただいて過ごしてきたんだな。

大地に大きく深く、根を張る樹木に、
地球の表層が薄くなっていっていると、メッセージを受け取ったことがある。
言葉にするのが難しいけれど、そんな感じだった。

地上は人の思いの闇でいっぱいだし、自然界を大事にしないしね。

樹木にもっと意識を合わせ、調和していけたらいいな。
安心と喜びにね。

DSC00937.jpg