FC2ブログ

楽に生きていけるのだよ



寒い日が続くけれど、陽が伸びてきて、嬉しい気分ね。

暖かくなると子供たちがたくさん集まってくる公園も、今はひっそり。
葉っぱの無い木が静かに立ってる。
幹や枝の先まで見られる。
素敵だね。



目の前に積まれたたくさんの事、次々やってくる諸々の事。
あぁ!神様、もう、ほっぽり出していいですか?
自分の生活さえ大変なのに、どうしたらいいのです!
と、ベソかきながら、延々とぼやいた時のこと。


  もっと楽なのだよ。
  楽に生きていかれるのだよ。
  そうやって考えていることで、難しくしてしまっているだけなのだよ。


笑顔のどなたからメッセージが入ってきた。
暖かかった。

分かっているのだけれどね。。

その笑顔と暖かさで、心の中心がほっとなって、私が芽吹いていくようだった。


DSC01480a.jpg

小枝の先に春が膨らんでいる。
嬉しいね。



スポンサーサイト



雲のお話



日曜日前後でしょうか。飛行機雲ばかり見ていた。
空を見上げる度に飛行機雲。
面白いから、何度も見上げる。すると、飛行機雲。
一度に、三つも。なんてこともあった。

昨夜、雲の夢を見た。
見上げた空に、雲で細かい文字のようなものがいっぱい並んでいる。
なんと書いてあるのか分からない。読みたいよと思った。
調べようと思って下を向いて、パソコンがちらつくも、
消えないでねとすぐに見上げたのだけれど、全て消えてしまっていた。
私はがっかりしたのだけれど、雲の方がもっとがっかりしたようだった。

面白い!綺麗!もっと見せて!
ずっと見上げていれば良かった。
そうしていたら、夢が続いていたかもね。



嬉しいを浸透させていこう



この寒さは人の思いの影響かしらね。
殺人事件も多いし、交通事故も火事も多い。
心は繋がっているからね。
重い嫌な思いが集まって固まって現実化して、嫌な事件や事故が多発する。


夏至あたりから、思ったままが現実になっていくらしい。
心が変わらないと、現実は変わらないね。
考えていることと、思っていることは違うことに気づかないとね。
私はこう、思っている。それは、私はこう、考えていることで、
思っていることは、考えていることの反対ということが多いのだから。殆どそうかもしれない。

一度出た、思いは消えないで、幽界に全て記録されているから、
出来ることを本気出してやっていきたい。

ここに来てから、延々と積み重ねられきた思い。
ご先祖様や人の思いにも影響を受けているし、肉体にも染み付いている思い。
消せない嫌な思いを、溢れるほどの嬉しい思いで埋め尽くしていこう。
嬉しいを心に、身体に浸透させていきたい。


昔、ありがとうございますを一日に最低一万回、出来たら二万回言おうと過ごした日々があった。
ありがとうございますは、調和の言葉だからほんわりと温かくなっていくからね。
もう、朝から晩まで起きている時は常に口に出して言い、心の中で言っていた。
無意識に出てくるようになるので、何しても、何されてもありがとうございます。
足踏まれても、ぶつかられても、転んでも、ありがとうございます。
辛いことがあると、すんなり出てこないことが何度かあったけれど、
でも、言う。心で言う。心が温かくなってくるまで言っていた。
心が温かくなると身体も温かくなっていくのね。

今は、嬉しいを言い、嬉しい!と思いながら、過ごしている。
日常の些細な事こそ、嬉しいと声に出して言っている。

嬉しいことがあって、嬉しいと言うのは当たり前で、
そうでない、なんでもないような事を心から嬉しいと思い、過ごしていきたいね。
常にそうして、自分に浸透させていこう。
いつも、嬉しい私になっていこう。
それが嬉しい現実を創っていく。


いのちは喜び。嬉しいいのちは、神様から分けていただいたもの。
私達は神様のいのちの一部。ほんと嬉しいよね。
このいのちの力を使う時代になるのだよね。
無限の力をね。

DSC01418.jpg


とびきりの笑顔で



2018年を迎えました。
まだ暗いうちに家を出て、伊勢山皇大神宮へ初詣に行った。
駅に着くと、気持ち良い朝がやって来た。

DSC01428.jpg

前の晩はどうしてだか、身体が暑くて、目が冴えて、ほどんど眠れなかった。
早朝の初詣に興奮してたのかな。
普段なら眠る時間に、身支度をして出かけるなんてことにも、ウキウキだったからね。

DSC01431.jpg

すぐ近くの成田山横浜分院へもお参り。

おみくじは大吉。
興奮と刺激の多い時だそうで。

興奮!刺激! お待ちしてますわ。


昨年の暮れから、私のすぐ傍に素晴らしい笑顔の方が立っていらして、
一緒に行きましょうと手を差し出す画像が何度も見える。
ただし、私はとびきりの笑顔でなれば、一緒に行けない。

心して過ごしたい。