心の中にあるもの




富士山のシルエットが見えないかなと、坂を登って行った。
ド派手なネオン看板が出来て、目障りなので右の方をカットしてしまったのだけれど、
富士山が遠くに見えた。
もうじき夜だね。
静かなひと時だった。



綺麗に広がる視界の中に、ひとつでも違うんじゃない?という
物体があると、がっかりしてしまう。
台無しじゃないの・・・って。

好きだった景色の、ど真ん中に立った、たった一本のアンテナで
すっかり視界は切られてしまい、がっかりしたこともある。

心の中もそうなんだろうな。
たったひとつの嫌なことに心は囚われて、しがみ付いて、
視界を狭めてしまっているのだろうな。
心は嫌なこと、不安なことを掴みこんでしまうものだ。

離そうね。
考えたって、どうにもならない。
思考はエネルギーを無駄に使うだけ。

思いの現実化が加速している。
冬至も近いので、エネルギーも大きく変化していくのではないかな。
嬉しい楽しい思いを積み重ねていこう。


子供は面白そうなことにしか意識が向かない。
面白い楽しいことをして、心を開放している。

そうありたいね。



関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Leave a comment