精神世界を生きること

DSC01393.jpg


今は、精神世界の情報がとても多い。
書籍にしても、その職業にしても、とても多いのにはびっくりする。
昔は大きな本屋さんに行っても、数冊の本しか置いてなかったものだから。

精神世界は、ここで、大地に根をしっかり張って生きることだと思っているので、
様々な情報にはわりと関心が薄い方かも。

私には生きるということが大事。

ここまでの、長い年月の体験が一層、私をそうさせるのだろうし、
自分を生きることを始めたのが、とても遅かったのでね。

精神世界はこのいのちを生きること。
彷徨っても泥沼に胸まで漬かろうと、生き抜くこと。

肉体を通して体験し、心で分かっていき、
どれほど喜びに溢れているかという結果が大事なのだと思う。

参拝しても祈っても、喜びを生きていないと神様は近づけない。
喜びを生きていきたいね。




P1040972.jpg


豊かな大木は、喜びと安らぎを与えてくれる。
地中深くから力強いエネルギーを感じる。
何も心配しなくていいのだと、静かに伝えてくれもする。

そんなふうに心が暖かく広がっていくひと時が好き。
いのちの波動に合わせられるようなひとときを大切に思う。
自然界に意識を合わせることは、神様に意識を合わせること、本当の私になること。
そう思う。
幽界に生きる樹木は私の心に直接触れてくれる。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント