FC2ブログ

あなたという泉

o0500037513648073509ab.jpg 

今、高次元の存在さんと繋がりやすくなってきている。

メッセージを頂けたり、綺麗な世界を見せて頂けたり、
心が暖かくなるので、やってみたらいいなと思う。


私は楽な腹式呼吸をしながら、心に意識を向け、
メッセージを頂きたい存在さんにチャンネルを合わせていく。

少し前に、魂さんに呼びかけた時のメッセージを書いてみようと思う。
恐怖や不安から救い出して欲しいと、お話していた時のこと。

「あなたという泉に行きなさい。」と言われ、泉に連れて行ってくれた。
わぁ、ここが私という泉なんだ!と喜んで水をすくって飲んだ途端、
泉の淵が巨大な滝がになり、遥か下へと白い水が流れ落ちていた。
滝の頂上ではしゃぎながら泳ぎ、遥か下へと飛び込んだ。
そこは大きな湖のような河のようなで、その周りは森になっていた。
泳ぎ始めると、綿入れのように分厚い服がふたつばかり、
まるで私がうつ伏せになっているように、浮いていた。
綿入れの服は汗で黄ばみ、所々茶色く汚れていた。
わ!汚いと、それらを森の中へと放り投げた。
もっと遠くへ投げたかったなと思いながら、
ここに置いておかないといけなかった?とも、思った。
でも、汚いから!いらない!
そう思った。

すると、すぅっと画像は消えたので、
私は大きな深呼吸をしてから目をあけた。
その時は気づかなかったのだけれど、家に戻ると背中がとても軽いのを感じた。


あなたという泉が、あなたを自由にしてくれる。

でも、その泉に行けない。とんでもない事が起きるとそれどころじゃない。
困ったものだねと、連れて行ってくれたのかね?
ありがとうございました。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント