FC2ブログ

時間の感覚



仕事を終えて、外に出ると東の空が明るくなり始めていた。
ちぎれた雲の隙間から、青紫色の光が広がっていった。
清々しい大気の中で深呼吸をした。
反対側の空では、大きなお月様がこっちを見ていた。
赤く光ってまん丸だった。
なんて、綺麗なの!声を上げて、立ち止まって見上げたけれど、
ほんの少し、顔を見せてくれてから、雲がお月様の前を泳いで伸びていった。


時間の感覚が益々変になり、時間が流れている感じがしない。
ばらばらにあるようで、記憶も繋がらないことがある。
私、ボケたの?! と、オタオタしてしまうこともある。
カレンダーを見ていないと、わけ分からなることが多くなったけれど、
面白いなぁと過ごしている。

そういえば、先日、不思議なことがあった。
見通しのいい一本道を、駅に向かって歩いていた時のこと。

私の前を歩いている方が一人いらして、
その方が立ち止まって、そこにいた方とお話を始めたので、私は追い越して歩いて行った。
私を追い越していく人は誰もいなく、
その長い一本道を出てから、狭い道路を渡り、路地へ入ったら、
私が追い越した方が、前を歩いているではないか。
追い越した場所から他へ抜ける道はない、一本道なのに。

どこから、いらしたのですか?聞きたかったけれど、止めておいた。
きゃぁ~面白いと思いながら、駅へと急いだ。

それぞれの時間軸。これからはっきりしていくのだろうな。


関連記事
スポンサーサイト